治療メニュー

保定装置(リテーナー)

〈 リテーナーとは 〉

保定装置(リテーナー)とは、矯正治療後に歯を安定させるための装置のことです。

1. クリアボウリテーナー

ベッグタイプ

前歯を覆うワイヤーが透明で、見た目にはリテーナーを装着しているように見えない美しいリテーナーです。

2. ベッグタイプ

ベッグタイプ

よく使われるリテーナー。歯列全体を取り囲み、しめつけるためのワイヤーがついています。抜歯矯正治療後によく使われます。

3. ホーレータイプ

ホーレータイプ

これもよく使われるリテーナー。前歯を主に取り囲み、設計はいくつかの種類がある。主に非抜歯矯正治療後によく使われる。

4. スプリングリテーナー

スプリングリテーナー

後戻りしやすい下顎前歯によく使われるリテーナー。とてもコンパクトで使用感がよい。後戻りした前歯をきれいに並べるような矯正力を与えるリテーナー。

5. トゥースポジショナー

トゥースポジショナー

ワイヤー矯正治療後の軽度の歯列の乱れの修正ができる装置で、保定装置としても使用できる。シリコンでできている。

6. インビジブルリテーナー

インビジブルリテーナー

歯列全体を覆うリテーナー。透明な薄いシートでできているため、審美性がよく、日中も使用できる。噛みしめ等の力によって破損しやすい。

7. フィックス-タイプ

フィックス-タイプ

前歯の裏側に使用される、歯に直接接着する保定方法。一般的に長期間、着けていることが多い。

ページのTOPへ