治療メニュー

マウスピース矯正

〈 マウスピース矯正とは? 〉

マウスピースイメージ
1. 透明で目立たない矯正法
透明で目立たない、取り外しができるマウスピースを装着して、歯を動かす矯正法です。
2. 違和感が少なく、清潔
透明で薄いプラスチックでできたマウスピースは違和感がそれほどありません。また、食事中や歯磨きのときはご自身で取り外せるので、口内のケアが治療前と変わらずできます。
3. 他の矯正法と同じ治療期間
歯の動きに合わせて、約2週間に一度、マウスピースを交換して、矯正治療を進めていきます。
4. 話しやすい
マウスピースに慣れてしまえば、数日間で話しやすくなります。ほとんどの方は、初めて装着した日から、日常生活には支障なく会話ができます。
5. 金属アレルギーの人には向いている
特に金属アレルギーで矯正装置を着けられない方にはおすすめの治療法です。
取り外しのシーン

マウスピース矯正を安全かつ適正に行うための注意点

1. 不十分な動きや予想外の動きをした場合、補助的な処置が必要になる。
マウスピース矯正は製作したマウスピースの装着効果によって歯が動くため、術者が予想しえない歯の動きが生じる場合があります。当院ではその際には従来のマルチブラケット法(従来のワイヤー矯正法)を含めた代替治療をすることで十分な治療結果を出すようにしています。
2. インビザアラインとケースマウスピースを作るための正確なシミュレーション作成には専門的な治療技能と経験が必要
マウスピースを作る際には必ず、歯の動きを段階ごとにシミュレーションします。その際には歯冠だけでなく、歯根の位置を把握し、移動の際にかかる力や移動方向、移動する歯の数、移動しない歯の設定など、矯正治療に対する十分な知識と技能、経験がなければなりません。当院は術者の資格として、公益社団法人 日本矯正歯科学会の認定医を取得しております。
3. 推奨される症例とそうでない症例があること

当院ではすべての症例においてマウスピース矯正が適応とは現段階では考えておりません。詳しく、診断のうえ、問題なくマウスピース矯正が行える範囲での歯の移動で矯正治療が終了する方や、追加治療として他の代替治療を受け入れられる方など、安全な範囲でのマウスピース矯正を勧めさせていただいております。

〈推奨される症例の一例〉

  • 軽い叢生(でこぼこ)を非抜歯で治せる歯列の方。
  • 抜歯が必要な症例であっても、歯の傾斜移動を主に行って、移動量がそれほど大きくない方。
  • 矯正治療後の後戻りや、金属アレルギーを有する方。
  • 少しの空隙(隙間)を閉じるような非抜歯で治療が行える方。

〈推奨されない症例の一例〉

  • 歯の大きな移動を必要とする抜歯症例の方。
  • 骨格性の不正の程度が大きく、抜歯をして大きく歯を移動させなければかみ合わせが再構築できない方。
  • 顎の成長発育や歯の生え変わりがの予想が難しい方。
  • マウスピースが装着される歯の萌出部分が少なく、しっかりマウスピースが歯に装着できない方。
4. 装着時間を確保しないと、歯がうまく動いていかないこと。
気軽に始められそうなマウスピース矯正法ですが、日常生活が忙しく、ついマウスピースの装着を忘れてしまうこともあるかもしれません。マウスピース矯正はご自身での管理や認識が大切な治療法ですので、あまりにも装着をし忘れてしまうと歯がうまく動きません。
取り外しのシーン

マウスピース矯正の種類

インビザライン-フル、商品ロゴ

インビザライン-フル

永久歯列の大人の方に、より包括的な治療が可能です。どの様は歯ならびにも幅広く対応します。

インビザライン-ライト、商品ロゴ

インビザライン-ライト

比較的軽い不正咬合の場合には、インビザライン・ライトが適応可能です。

インビザライン-ティーン、商品ロゴ

インビザライン-ティーン

10代のお子様にも、対応しています。思春期の見た目の気になるお年ごろにも最適。インビザライン・ティーン。装置の紛失した場合も追加料金なしで新しいアライナーに交換できます。

インビザライン・アイセブン

インビザライン-アイセブン、商品ロゴ

より軽度の不正咬合でしたら、最短7回のマウスピース交換、3.5ヶ月で治療終了のインビザライン・アイセブンがおススメです。

アソアライナー

マウスピース矯正は、1つのマウスピースで移動できる歯の移動量が限られています(最大で約1mm)。そのために、適切な位置へ歯を移動させるためには数段階のマウスピースが必要となります。
アソアライナーは、インビザラインと違い治療の段階毎(歯の矯正移動毎)に、毎回型取りの作業を行いますので、その分、患者様の負担は大きくなります。しかし、毎回歯型を取るため、その時点で最適な歯型を採ることができ、それに合わせたマウスピースを作成できるため、精度の高い矯正治療が可能になります。
また、インビザラインと比べ適応症例が限定されます。

〈アソアライナーの適応症例〉
「奥歯の咬み合せに問題のない前歯部の歯列不正」「後戻りの治療」「スペースの閉鎖」などです。

当院のマウスピース矯正法まとめ

みなさんお一人お一人に合った矯正治療法で、一番良い治療結果を得るためにはどの方法が一番良いか、納得するまでご相談ください。
当院では「マウスピース矯正」だけでなく、目立たない矯正として「裏側矯正(リンガル)」も専門的に行っております。いずれの治療法にも利点・欠点がありますが、それを十分にご理解いただき、専門的にアドバイスさせていただいております。

ページのTOPへ