治療メニュー

  • TOP
  • 治療メニュー

舌側矯正(リンガル)

裏側からの矯正
〈舌側矯正(リンガル)とは?〉

歯の裏側に矯正装置を着ける方法で、矯正治療中、周りの人に絶対に見えないのが特徴です。「歯並びを治したいけれど矯正装置が目立つ」「人に気づかれずに歯並びを治したい」という人の為の装置です。

〈舌側矯正専門医院として〉

舌側矯正専門医院として「日本舌側矯正歯科学会認定医」「世界舌側矯正歯科学会認定医」「ヨーロッパ舌側矯正学会認定医」を取得しています。舌側矯正治療のエキスパートとして、当医院での舌側矯正(リンガル)治療では、表側から矯正の治療結果と同様の結果を得ることが出来ます。

舌側矯正(リンガル)イメージ

舌側矯正(リンガル)のメリット

1. 周りの人に絶対に見えなく気づかれずに矯正治療を行うことが出来ます。
舌側矯正は装置が歯の裏側に付きますので外側からは見えません。気づかれたくない方、接客業や営業職など人前に出るお仕事の方にはお勧めです。
2. 表側の矯正に比べて虫歯になりにくいです。
表側の矯正では歯磨きがしづらく虫歯になりやすい一方、歯の裏側は唾液に常にさらされ舌も動いてもためいるため唾液の静菌作用や殺菌作用で虫歯が出来にくい環境になっています。
3. 装置が外からの衝撃によるダメージを受けにくいです。
転倒した場合やスポーツ中に強い衝撃を受けた場合等、表側装置の場合、装置が壊れて口腔内が損傷してしまうことも考えられます。裏側装置ではその危険はありません。
4. 舌癖(歯を舌で押してしまう癖)を改善する事が出来ます。
出っ歯や開咬などの歯並びの方は舌で前歯を押してしまう癖をお持ちの場合があります。 裏側に装置が付いていることで自然に舌で歯を押す癖がなくなりやすいと言われています。

舌側矯正(リンガル)のデメリット

1. 費用が表側の矯正に比べて割高になります。
表側の矯正の場合には既成の装置を付けますが、舌側矯正の場合には一歯一歯全てオーダーメイドですので費用が割高になりますが、矯正治療における効果も大変良いと言えます。
2. 顎間ゴムが使いずらい。
裏側の矯正装置にゴムをかけるのは非常に難しいので仕上げの段階で表側に透明なボタンという小さな装置をつけることがあります。
3. 表側に比べて裏側は歯ブラシがしにくい。
歯肉炎になりやすい。
4. 発音がしずらい。
サ行やタ行などの発音がしずらくなりますが、装置を付けて1ヶ月ほどで大半の方は慣れてきます。
しかし個人差があるので装置を付けた当初は発音の練習が必要です。

Kurz7th

Kurz7thは米国の矯正歯科専門医であるDr.Kurzが20年程前に開発した舌側装置で、 改良が重ねられて現在使用されているのは第7世代のタイプです。

Kurz7th装着イメージ

装置のサイズがやや大きめですが、構造的に優れた形態を持ち、その分歯の移動のコントロールが他の舌側装置に比較して効果的に出来ます。

Kurz7th装着歯のアップ

クリッピーL

ブラケットとワイヤーの固定にスライド・クリップのシャッター構造を採用した、 セルフライゲーションタイプの装置です。従来の結紮(けっさつ)線などを使用する場合と比べ摩擦抵抗の少ない装置なので、弱い持続的な力で歯の移動が可能となり、治療期間の短縮が期待できます。また、ワイヤーの交換が楽なので、ワイヤー交換時の診療時間が短縮され、患者様のストレスも軽減されます。

Kurz7th装着歯のアップ
ページのTOPへ